医院名:多田耳鼻咽喉科医院 
住所:〒558-0033 大阪府大阪市住吉区清水丘2丁目23−21 
電話番号:06-6671-1058

自分の声が響く・聞こえづらい

原因

音が聞こえづらい「音がきこえる」という状態は、非常に複雑な過程を経て実現されています。
外耳から入った音が、鼓膜を振動させ、中耳の耳小骨、内耳の蝸牛に伝わります。蝸牛では振動が電気信号に変換され、聴神経を経て脳に伝わり、そこでようやく私たちは音を認識することができます。
この間のいずれの箇所で異常が起きても、正しく音がきこえなくなってしまいます。自分の声が響いたり、音が聞こえづらいといった症状が現れます。

考えられる病気

耳管開放症

本来、物を飲み込んだとき、あくびをしたとき、鼻をかんだとき以外は閉じられている耳管が、常に開放されていたり、ほとんどずっと開放されている状態です。
自分の声が響いたり、音がきこえにくいなどの症状を伴います。

急性中耳炎

風邪、インフルエンザ、肺炎球菌感染症などをきっかけとして、中耳に急性の炎症が見られる状態です。悪化すると、鼓膜に穴が開いたり、そこから膿が排出されることもあります。
お子様に多く発症する耳の病気です。
強い耳の痛みの他、耳が詰まったような症状を伴います。

滲出性中耳炎

中耳に滲出液が溜まって炎症を起こす病気です。
痛みはあまりありませんが、耳の詰まったような感覚、きこえづらさなどが見られます。

慢性中耳炎

鼓膜に穴が開いたり、換気の悪さなどで、中耳炎が慢性化した状態です。
きこえづらさなどの症状がよく見られますが、痛みはそれほどありません。

メニエール病

めまい、吐き気、耳鳴り、難聴などを繰り返す病気です。
悪化すると、聴力を喪失することもあります。

検査

耳鼻科の一般的な検査に加え、症状に合わせて適切な検査を行います。

治療

耳管開放症

生活習慣の改善、投薬、あるいは耳管閉鎖術や耳管内ルゴール塗布といった手術・処置により症状の改善を目指します。

急性中耳炎

抗生物質、消炎剤、鎮痛剤による保存的治療を行います。痛みが強いとき、高熱が出ているときには、鼓膜切開術を検討します。

滲出性中耳炎

中耳に溜まった滲出液の排出を行います。鼓膜切開術、鼓膜チューブ留置術などを行うこともあります。

慢性中耳炎

抗生物質抗生物質、点耳薬の投与、中耳の洗浄を行います。
鼓室形成術、耳小骨再建術、鼓膜穿孔閉鎖術といった手術を行うこともあります。

メニエール病

生活習慣の改善、投薬、手術などで治療します。

一番上に戻る
お問い合わせはこちら TEL:06-6671-1058 インターネット予約はこちらインターネット予約はこちら 手術相談はこちら オンライン診療 メールでのお問い合わせ